オンラインカジノキュレーション
https://www.cnscec.org

カジノシティの金曜日5:裁判所判決

カテゴリー:オンラインカジノ比較 今週、司法が提供され、少年はそれが「完全に味付けされたステーキ」です。 EUはオンラインギャンブルインフラストラクチャを規制するために絶え間なく働き続けており、ウィリアムヒルは長期間にわたって大きなミスを繰り返し、メリーランドのカジノは誇らしげにアウトドアを発表しました。さらに、いくつかの大きな消費者の生活を見てみましょう。

5.ライブ!カジノはメリーランドの最初の屋外のゲームの区域を開きます
ライブのオーキッドゲーム&喫煙パティオ!カジノ&ホテルは、メリーランドの最初の屋外ゲームエリアであり、表面的にはパティオのゲームや喫煙が可能です。 4月中旬に開店予定の8,500平方フィートのスペースには、スロット、テーブルゲーム、そして他の国で最初の機能が搭載されています:プレーヤーはチップを運ぶ負担をかけずにゲーム間をシームレスに移動できるTicket In / Ticket Outシステム

テーブルゲームには、ブラックジャック、バカラ、ルーレットなどの12の「ライブアクション」ゲームと、28の電子テーブル位置とバートップ端末が含まれていなければなりません。最もホットなスロットマシン(ビデオポーカー)の150以上が1セントから10ドルまでの金額で提供されます。

そして、明らかに、あなたはそこで喫煙することができます。贅沢はメリーランドカジノで禁止されています。

4.ポーカー・セントラルはスーパーハイローラークラブシリーズを制作しています
「豊かな汚れた人で代行する」は、常に有効なテレビジャンルであった。ポーカー・セントラルがニューヨークに本拠を置くBelieve Entertainment Groupと提携して制作した「Super High Roller Club」は、ポーカーの好きなビッグネームに続いて人気のある現実のテレビ番組の葉を取って、彼らの人生を忘れてしまうだろう。

ポーカーセントラルのコンテンツ担当副社長であるSam Simmonsは、Daniel NegreanuやPhil Hellmuthのようなキャラクターは、「スポーツやファッションからファインダイエットまで、Vegasが提供しなければならない最高の追求を経験する」と述べています。ここでの質問は、彼らがテーブルから離れて面白いのかどうかです。 (Hellmuthは、少なくとも、ニュースを生成する傾向があることは既に知っています。)

ポーカーセントラル

@PokerCentral
@PokerGOに来る:@MagicAntonio @phil_hellmuth @RealKidPoker @Ali_Nejad @Farah_Galfond @NickSchulman @ badams78
スーパーハイローラークラブは、2月26日(月)、@PokerGOで独占的に初演します! https://buff.ly/2HA1lbX

3:05 AM – 2018年2月23日

信じられないほどのエンターテイメントとポーカーセントラルは “スーパーハイローラークラブ”
ニューヨークに本拠を置くエンターテインメント企業のBelieve Entertainment Groupは、PokerGOのための “Super High Roller Club”を制作するためにPoker Centralと提携しました。この6エピソードのライフスタイルシリーズが初…

pokercentral.com
54
19人がこれについて話しています
Twitterの広告情報とプライバシー

3. EU司法裁判所は、欧州委員会の消費者保護ガイドラインを承認する
欧州委員会は今週、欧州委員会が加盟国に日陰のオンラインギャンブルサービスから選手を守るためのガイドラインを発出した際に、欧州委員会がその権利の範囲内にあったことを裁定した。 2014年に発行されたこのガイドラインでは、未成年者がオンラインで賭けることを防ぐ方法を含め、高品質の消費者保護に関する推奨事項を提示しています。よく聞こえていいよね?ベルギー政府は、すぐに文書が加盟国の主権の足元を踏んだと主張したので、明らかにそうは思わなかった。 (この文書は、加盟国が安全な慣行を採用するよう奨励するものではなく、堅実かつ迅速な規則は見つからない、ということを心に留めておいてください。

しかし、裁判所は発言し、ガイドラインは立っており、欧州賭博賭博協会(European Gaming and Betting Association)は判決の背後で支持を表明している。ケースが閉まった。

2.ウィリアム・ヒルは、英国賭博委員会によって620万ポンドの罰金を科した
英国賭博委員会による調査の結果、2014年11月から2016年8月にかけて、同社は「リスクを軽減する」ことや「マネーロンダリング防止と社会的保護」責任のプロセスは有効でした」と公式リリースでは述べています。合計10人の顧客が入金して大金を賭け、ウィリアム・ヒルに120万ポンドの利益をもたらした。さらに悪いことに、ウィリアム・ヒルは、資金源を確認し、これらの選手が問題のギャンブラーであるかどうかを調べることに全力を尽くしたわけではないことが判明しました。 (ヒント:ほとんど確かにそうだった。)

正直言って、ウィリアム・ヒルの代理人には、賭けをするために資金を使っているだけでなく、会社は重大に問題を賭けるレビューをうまくやっていない。

そこには貪欲でないということに関する少なくとも一つの道徳的な話があると確信しています。

1. Caesars EntertainmentがPicsolveテクノロジーを採用
最近、新技術は雑草よりも早く収穫されます。 Caesars Entertainmentは、デジタルコンテンツ制作者Picsolveの技術を採用しています。 Caesarsの不動産訪問者はPicsolveのキャプチャ・インスタレーションを利用することができます。関連記事:オンラインカジノ

Comments are closed.